恐れないで!歯医者での治療

>

治療について知ろう

痛みを伴わず虫歯を治せる

歯医者での治療は、削ったり神経を抜いたりしておこなうというイメージが強いかもしれませんが、最近ではそのようなことはせず、出来るだけ削ったり神経を抜くことなく治療する歯医者というのも少なくありません。
例えば、「ドッグベストセメント治療」や「ヒールオゾン治療」では、虫歯を削るのではなく、殺菌することで治す治療法で、痛みをほとんど伴わず、また虫歯を予防できるという効果も期待できます。

他にも、特殊樹脂を染み込ませることで、虫歯を削らずに済む方法や歯を再石灰化させることで初期虫歯に対処する方法など、現代の治療法ではいろんな選択肢があるため、昔と違って必ずしも痛みを伴うわけではありません。
行こうとしている歯医者がどのような治療をおこなっているのか、事前に調べておくことで、安心していくことができるかもしれませんね。

麻酔も工夫されている

近年では、歯医者に対する恐怖心が強い患者のために、麻酔にも工夫をして治療をおこなってくれる歯医者も多くあります。
歯医者が怖い原因として、痛い麻酔が嫌だという理由も多いでしょうが、痛みをほとんど伴わない麻酔というのもありますので、これを用いての治療であれば随分と恐怖心が軽減されるでしょう。
例えば、表面麻酔という歯自体に施すのではなく、歯肉の表面の感覚を麻痺させる麻酔をおこない、その後で従来の麻酔をすることで、これまで痛みが強かった麻酔を楽にすることが可能です。

また、最近では麻酔の針も開発され、切れ味がよく細いものが出てきているため、以前ほど麻酔は痛いものではなくなってきています。
このように、近年では痛みに対する対策というのもいろいろと施されていますので、必要以上に不安がる必要はないでしょう。


この記事をシェアする